YIpub

  • Publications
  • Invited Speaker
  • Invited Lecture
  • 日本語総説
  • 国内シンポジウム、学会発表、講演会
  • 2017

    288. 臼杵靖剛、田村具博、田村範子、向井克之、五十嵐靖之「こんにゃくセラミドの皮膚機能」第59回日本脂質生化学会(2017)6月15-16日、京都大学(京都)

    287. 湯山耕平、五十嵐靖之「アルツハイマー病予防・治療のためのエクソソーム機能利用」第16回日本再生医療学会総会(2017)3月7-9日、仙台国際センター(仙台)

    286. 湯山耕平、五十嵐靖之「アルツハイマー病と細胞外小胞エクソソーム」認知症フォーラム(2017)1月31日、虎ノ門ツインビルディング(東京)

    2016

    285. 湯山耕平、五十嵐靖之「アルツハイマー病予防のためのスフィンゴ脂質含有細胞外ベシクル」第9回セラミド研究会学術集会(2016)10月27-28日、東京ユビキタス協創広場CANVAS(東京)

    284. 臼杵靖剛、田村範子、田村具博、齊藤貴士、向井克之、五十嵐靖之「こんにゃく芋遊離セラミドの作用メカニズム」第9回セラミド研究会学術集会(2016)10月27-28日、東京ユビキタス協創広場CANVAS(東京)

    283. 三上大輔、酒井祥太、五十嵐靖之「スフィンゴイド塩基のPPAR活性化能と培養ケラチノサイトのスフィンゴ脂質合成促進作用の比較」第9回セラミド研究会学術集会(2016)10月27-28日、東京ユビキタス協創広場CANVAS(東京)

    282. 臼杵靖剛、田村具博、田村範子、向井克之、五十嵐靖之「セマフォリン3A受容体リガンドとしてのこんにゃく由来の遊離セラミド(kCer)の作用」第58回日本脂質生化学会(2016)6月9-10日、にぎわい交流館AU(秋田)

    281. 五十嵐靖之「セラミドの科学と応用」HOBIA第122回例会(2016)6月3日、北海道大学百年記念会館(札幌)

    280. Sakai S., Mikami D., Igarashi Y. (2016) Comparison of the effects of various long-chain bases on the sphingolipid biosynthesis in keratinocytes. 2016 Kore-Japan Bioactive Lipid Joint Symposium (Jeju, Korea, May 11-13)

    2015

    279. 臼杵靖剛、田村範子、田村具博、向井克之、五十嵐靖之「酵素化学調製によるこんにゃく芋遊離セラミドのSema3A-like活性の分子メカニズム」第8回セラミド研究会学術集会(2015)10月29-30日、北海道大学学術交流会館(札幌)

    278. 酒井祥太、三上大輔、向井克之、五十嵐靖之「経口摂取した植物由来グルコシルセラミドの血中動態」第8回セラミド研究会学術集会(2015)10月29-30日、北海道大学学術交流会館(札幌)、Young Investigator Award受賞

    277. 杉本正志、志水陽一、若林雅人、吉岡健、東野賢一、沼田義人、酒井祥太、木原章雄、五十嵐靖之、久下裕司「分子イメージングを用いたスフィンゴミエリン分子種の組織内分布と制御機構の解明」第8回セラミド研究会学術集会(2015)10月29-30日、北海道大学学術交流会館(札幌)

    276. 湯山耕平、孫慧、五十嵐靖之「神経細胞由来エクソソームのアミロイドβクリアランス効果」第34回日本認知症学会学術集会(2015)10月2-4日、リンクステーションホール青森(青森)

    275. 三上大輔、酒井祥太、佐々木茂文、五十嵐靖之「ヒトデグルコシルセラミド由来スフィンゴイド塩基の正常ヒト表皮角化細胞に対するセラミド合成促進効果」日本油化学会第54回年会(2015)9月8-10日、名城大学天白キャンパス(名古屋)、平成27年度関東支部若手研究者奨励賞受賞

    274. Sugimoto M., Shimizu Y., Zhao S., Ukon N., Nishijima K., Wakabayashi M., Yoshioka T., Higashino K., Numata Y., Tamaki N., Igarashi Y. and Kuge Y. (2015) Sphingomyelin synyhase 2 deficiency enhances glucose clearance and tissue uptake in mice. Bioactive Lipids in Cancer (Budapest, Hungary, July 12-15)

    273. Monde K., Siddabasave Gowda B., Yamane K., Nakahashi A., Ananda Kumar C.S, Usuki S. and Igarashi Y. (2015) Highlyefficient extraction of natural sphingoids by novel chemoselective resin-towards construction of their chemical library3. Bioactive Lipids in Cancer (Budapest, Hungary, July 12-15)

    272. Sugimoto M., Shimizu Y., Zhao S., Ukon N., KNishijima K., Wakabayashi M., Yoshioka T., Higashino K., Numata Y., Tamaki N., Igarashi Y. and Kuge Y. (2015) Sphingomyelin synthase 2 deficiency enhances glucose clearance and tissue uptake in mice. Bioactive Lipids in Cancer (Budapest, Hungary, July 12-15)

    271. Taniguchi M., Ogiso H., Ueda Y., Mitsutake S., Igarashi Y., Okazaki T. and Takegami T. (2015) Characteristics and comparisons of exosomes from multidrug- resistant HL-60/ADR cells and drug-sensitive HL-60 cells Poster presentation. 10th Sphingo Therapy Conference(Kanazawa, June 16-18)

    270. Gao R., Taniguchi M., Ogiso H., Yuyama K., Igarashi Y. and Okazaki T. (2015) Characteristics and comparisons of exosomes from multidrug- resistant HL-60/ADR cells and drug-sensitive HL-60 cells Poster presentation. 10th Sphingo Therapy Conference(Kanazawa, June 16-18)

    269. Yuyama K., Sun H. and Igarashi Y. (2015) The potential functionof neutral exosomes in clearance for Alzheimer's amyloid β. 10th Sphingo Therapy Conference(Kanazawa, June 16-18)

    268. 臼杵靖剛、田村具博、田村範子、向井克之、五十嵐靖之「こんにゃく芋由来セラミドの神経突起退縮作用のメカニズム」第57回日本脂質生化学会(2015)5月28-29日、一橋大学一橋講堂(東京)

    267. 谷口真、小木曽英夫、北川陽子、光武進、五十嵐靖之、岡崎俊朗、竹上勉「日本脳炎ウイルス感染におけるスフィンゴミエリンの役割」日本ウイルス学会北陸支部会(2015)5月23、富山大学(富山)

    266. Yuyama K., Sun H. and Igarashi Y. (2015) Age-related alterations in the number of exosomes derived from APP transgenic mouse CSF. ISEV2015 (Washington DC, USA, April 23-26)

    2014

    265. 臼杵靖剛、五十嵐靖之「こんにゃく芋から調製される新規セラミドの神経突起退縮作用」第12回日本機能性食品医用学会総会(2014)12月13-14日、国立京都国際会館(京都)

    264. 谷口真、小木曽英夫、北川陽子、堀貴代江、山下優香、荒谷信一、光武進、五十嵐靖之、岡崎俊朗、竹上勉「スフィンゴミエリン合成酵素1欠損による日本脳炎ウイルス接着および感染の阻害」第62回日本ウイルス学会学術集会(2014)11月10-12日、パシフィコ横浜(横浜)

    263. 鈴木健、関口博太、酒井祥太、高橋環奈、林田茂、須藤慶太、勝又亨祥、五十嵐靖之「タモギダケセラミドの経口摂取によるヒト介入皮膚評価」第7回セラミド研究会学術集会(2014)10月30-31日、東京ユビキタス協創広場CANVAS(東京)

    262. 臼杵靖剛、田村具博、田村範子、向井克之、五十嵐靖之「こんにゃく芋由来セラミドの神経突起伸張阻害活性」第7回セラミド研究会学術集会(2014)10月30-31日、東京ユビキタス協創広場CANVAS(東京)

    261. 花松久寿、大西俊介、酒井祥太、湯山耕平、光武進、五十嵐靖之「若年性肥満群血清におけるセラミド及びスフィンゴミエリン分子種の解析」第7回セラミド研究会学術集会(2014)10月30-31日、東京ユビキタス協創広場CANVAS(東京)

    260. Taniguchi M., Ogiso H., Kitagawa Y., Hori K., Yamashita Y., Araya S., Mitsutake S., Igarashi Y., Okazaki T. and Takegami T. (2014) Deficiency of sphingomyelin synthase prevents attachment and infection of Japanese Encephalitis Virus. 2nd International Workshop on Molecular Medicine of Sphingolipids (Kloster Banz, Germany, October 12-17)

    259. Yuyama K., Sun H. and Igarashi Y. (2014) The intracerebral role of glycosphingolipid-enriched neuronal exosomes in b-amyroid metabolism, The 12th Internatinal Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care (Sapporo, Sep 4-5)

    258. 湯山耕平、孫慧、五十嵐靖之「神経細胞由来エクソソームのアミロイドβ蛋白質除去効果」 第1回 Japanese Society of Extracellular Vesicles(JSEV)(2014) 8月28-30日、グランドプリンスホテル広島(広島)

    257. 湯山耕平、孫慧、古川潤一、篠原康郎、五十嵐靖之「アミロイドβ蛋白質代謝におけるスフィンゴ糖脂質含有細胞外顆粒エクソソームの役割」第33回日本糖質学会 招待講演(2014)8月10-12日、名古屋大学豊田講堂(名古屋)

    256. Hanamatsu H. and Igarashi Y.(2014)Association between human serum sphingomyelin level and the development of NAFLD and insulin resistance. Gordon Research Conference: Glycolipid and Sphingolipid Biology(Ventura, Jan 12-17)

    255. Sakai S. and Igarashi Y.(2014)Sphingolipidomics analysis of the fibloblasts from Farber disease patient. Gordon Research Conference: Glycolipid and Sphingolipid Biology (Ventura, Jan 12-17)

    254. Usuki S. and Igarashi Y.(2014)Development of advanced plant ceramide material with neurite-retracting activity in PC12 cell. Gordon Research Conference: Glycolipid and Sphingolipid Biology(Ventura, Jan 12-17)

    2013

    253. Sakai S., Mitsutake S., Okino N., Toyoshima M. and Igarashi Y. 「Physiological roles of acid ceramidase in Faber disease. 酸性セラミダーゼのファーバー病における生理学的役割」 第86回日本生化学会大会 講演発表(2013)9月11-13日、パシフィコ横浜(横浜)

    252. Yuyama K., Sun H. and Igarashi Y. "The ability of neuronal exosomes to eliminate Alzheimer's amyloid protein". The 2nd ISEV (International Society for Extracellular Vesicles)(ISEV poster award)(April 17-20, Boston)

    2012

    251. 谷口真、北谷和之、近藤忠一、橋本真由美、浅野智志、五十嵐靖之、梅原久範、竹上勉、岡崎俊朗「Regulation of autophagy and its associated cell death by sphingolipid rheostat: reciprocal role of ceramide and sphingosine-1-phosphate in the mTOR pathway」第85回日本生化学会 ポスター発表 2P-110(2012)12月14-16日、マリンメッセ福岡(福岡)

    250. 光武進、五十嵐靖之「Ceramide kinaseはマクロファージの脂肪組織移行を制御する」第85回日本生化学会 ポスター発表 2P-110(2012)12月14-16日、マリンメッセ福岡(福岡)

    249. 五十嵐靖之「生理活性脂質と健康」第1回「食と健康」研究会(2012)12月20日、北海道大学(札幌)

    248. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質と生活習慣病」生活習慣病発症機序の解明シンポジウム(2012)11月3日、東北薬科大学分子生体膜研究所(仙台)

    247. 湯山耕平、孫慧、光武進、五十嵐靖之「セラミド代謝依存性エクソソーム分泌がアミロイドb蛋白質分解に与える影響」第5回セラミド研究会学術集会 口頭発表(2012)10月11-12日(東京)

    246. Yuyama K., Sun H., Mitsutake S. and Igarashi Y. 「Sphingolipid-modulated exosome release supports clearance of Altzheimer's amyloid.」 第10回未来創薬・医療イノベーション国際シンポジウム(2012)Oct 2-3(Sapporo)

    245. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質を基礎とする創薬の試みーPossibility of drug development based on sphingolipid biology」第10回未来創薬・医療イノベーション国際シンポジウム(2012)Oct 2-3(Sapporo)

    244. Okazaki Y., Taniguchi M., Kondo T., Igarashi Y. and Kitatani K. 「Sphingosine 1-phosphate/S1P3 counteracts ceramide-induced autophagy-associated cell death through mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway in leukemia cells.」 ASBMB Symposia(Frontiers in Lipid Biology)Joint-ICBL(2012)Sep 5-8(Banff, Canada)

    243. 光武進、湯山耕平、五十嵐靖之「スフィンゴミエリン合成酵素SMS2と疾患」第7回スフィンゴテラピィ研究会講演(2012)7月13-14日、能登ロイヤルホテル(石川県羽咋郡)

    242. 光武進、五十嵐靖之「肥満・慢性炎症におけるセラミドキナーゼの関与」第54回日本脂質生化学会(2012)6月7-8日、九州大学医学部百年講堂(福岡)

    241. 座間宏太、光武進、渡辺研、岡崎俊朗、五十嵐靖之「アミノ酸刺激によるmTORの活性化に対するスフィンゴミエリンの影響」第54回日本脂質生化学会(2012)6月7-8日、九州大学医学部百年講堂(福岡)

    2011

    240. Sunami H., Mitsutake S. and Igarashi Y. Effect of three-dimensional patterns on the cell adhesion and cell migration. Poster(P20-17). 17th International Biophysics Congress (2011) 0ctober 30 - November 3 (Beijing)

    239. Yoshida T., Mitsutake S., Zama K., Yokota H., Tanaka M., Mitsui M., Ikawa M., Okabe M., Tanaka Y., Yamashita T., Takemoto H., Okazaki T., Watanabe K. and Igarashi Y. 「The regulation of sphingolipid metabolism on lipid-microdomain is crucial for fatty acid uptake and lipid-droplet formation.」 The 9th International Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care(2011) September 29-30 (Sapporo)

    238. Mostafa A. S. Hammam., Nakahashi A., Okamoto S., Saito S., Taniguchi T., Monde K., Mitsutake S. and Igarashi Y. 「A synthetic study of sphingosine derivatives.」 The 9th International Symposium for Future Drug Discovery and Medical Care(2011) September 29-30 (Sapporo)

    237. 座間宏太、光武進、渡辺研、岡崎俊朗、五十嵐靖之「SMS2特異的阻害剤スクリーニング方法の開発」第84回日本生化学会大会 ポスター発表 2P-0073(2011)9月21-24日、国立京都国際会館(京都)

    236. 智谷尊史、伊藤佐恵子、岩城荘一郎、花田賢太郎、五十嵐靖之、藤井聡「スフィンゴシン誘導体による虚血再灌流障害抑制機構の解析」第84回日本生化学会大会 ポスター発表 2P-0075(2011)9月21-24日、国立京都国際会館(京都)

    235. 村上逸雄、光武進、五十嵐靖之「酵母由来ファイトスフィンゴシンの吸収とスフィンゴ脂質によるPPAR活性化の解析」第84回日本生化学会大会 ポスター発表 2P-0073(2011)9月21-24日、国立京都国際会館(京都)

    234. 水谷有紀子、村上逸夫、木原章雄、五十嵐靖之「皮膚におけるフィトセラミド生成機構について」第3回セラミド研究会学術集会(2011)10月27-28日、北海道大学学術交流会館(札幌)

    233. 光武進、横田はづき、座間宏太、吉田哲也、田中美樹、三井優、武本浩、岡崎俊朗、渡辺研、五十嵐靖之「スフィンゴミエリン合成酵素SMS2は脂肪滴の形成に関与する」第84回日本生化学会大会 ポスター発表 2P-0069(2011)9月21-24日、国立京都国際会館(京都)

    232. Yokoyama M., Terasawa K., Ichinose S., Banno Y., Hirabayashi Y., Igarashi Y. and Yanagishita M. 「Plasama membrane permeability associated cell death induced by intracellular generation of sphingosine 1-phosphate.」 30th Naito Conference on "Membrane Dynamics and Lipid Biology II"PS-08(2011) June 28-July 1 (Sapporo)

    231. Ohno Y., Suto S., Mitsutake S., Igarashi Y. and Kihara A. 「Sphingolipids with differential fatty acid composition exhibit distinct physiological functions.」 30th Naito Conference on "Membrane Dynamics and Lipid Biology II"PS-58(2011) June 28-July 1 (Sapporo)

    230. Mitsutake S., Zama K., Yokota H. and Igarashi Y. 「The Regulation of sphingolipid metabolism on lipid-microdomain is crucial fro fatty acid uptake and lipid- droplet formation.」 30th Naito Conference on "Membrane Dynamics and Lipid Biology II"PS-46(2011) June 28-July 1 (Sapporo)

    229. Yuyama K. and Igarashi Y. 「Sphingolipid metabolism modulates exosome release from neurons: its involvement in β-amyloid fibril formation and uptake into microglial cells.」 30th Naito Conference on "Membrane Dynamics and Lipid Biology II"Ps-47(2011) June 28-July 1 (Sapporo)

    228. 五十嵐靖之「私のスフィンゴ脂質研究ー脂質シグナリングから膜ダイナミクスへ」第53回日本脂質生化学会 特別講演(2011)5月12-13日(東京)

    227. 光武進、横田はづき、座間宏太、山下匡、岡崎俊朗、渡辺研、五十嵐靖之「スフィンゴミエリン合成酵素SMS2は脂質マイクロドメインに存在し、脂肪肝の形成に関与する」第53回日本脂質生化学会 一般講演 2−04 pp42-43(2011)5月12-13日(東京)

    226. 浅野智志、北谷和之、谷口真、橋本真由美、武田浩之、座間宏太、光武進、五十嵐靖之、清川悦子、松田道行、岡崎俊朗「スフィンゴミエリンによる走化性運動の制御」第53回日本脂質生化学会 一般講演 3−22 pp236-238(2011)5月12-13日(東京)

    225. 五十嵐靖之「セラミド研究の新展開と機能性食品の開発」札幌バイオクラスター"Bio-S"成果報告会(2011)3月11日(札幌)

    2010

    224. 角南寛、光武進、五十嵐靖之「3次元パターンを利用した細胞遊走の制御」第83回 日本生化学会大会 ポスター発表 3P−1126(2010)12月7-10日(神戸)

    223. Mizutani M., kihara A. and Igarashi Y. Ceramide biosynthesis in keratinocyte and its regulation by PPAR activators. 第83回日本生化学会大会 ポスター発表 1P-0040(2010)12月7-10日(神戸)

    222. 大野祐介、須藤翔太、光武進、五十嵐靖之「Elongation of C24 fatty acids by ELOVL1 and C24 sphingolipid synthesis by CerS2 are closely related」第83回日本生化学会大会 口頭発表 3P-0125(2010)12月7-10日(神戸)

    221. 座間宏太、林遥、光武進、渡辺研、岡崎俊朗、五十嵐靖之「スフィンゴミエリンの栄養の取り込みに対する影響」第83回日本生化学会大会 ポスター発表 3P-0123(2010)12月7-10日(神戸)

    220. 光武進、横田はづき、座間宏太、山下匡、岡崎俊朗、渡辺研、五十嵐靖之「スフィンゴミエリン合成酵素2は、食餌誘導性脂肪肝形成に関与する」第83回日本生化学会大会 口頭発表 3P-0122(2010)12月7-10日(神戸)

    219. Taniguchi M., Kitatani K., Kondo T., Hashimoto M., Asano S., Igarashi Y., Umebara H., Takeya H. and Okazaki T. Suppression of ceraide-mediated autophargy by sphingosine1-phosphate. 第83回日本生化学会大会 ポスター発表 3P-0118(2010)12月7-10日(神戸)

    218. Yokoyama M., Terasawa K., Ichinose S., Hirabasyasi Y., Igarashi Y. and Yanagisawa M. Increase in the plasmamembrane permeability by intracellular generatiuon of sphingosine1-phosphate. 第83回日本生化学会大会 口頭発表 3P-0111(2010)12月7-10日(神戸)

    217. 光武進、五十嵐靖之「セラミドキナーゼによるマスト細胞活性調節」第3回セラミド研究会学術集会(2010)11月12日(東京)

    216. Mitsutake S. and Igarashi Y.(2010). Ceramide metabolism and membrane dynamics 51st ICBL Conference poster presentation(Bilbao, Spain, September 7-12).

    215. 浅野智志、北谷和之、谷口真、橋本真由美、武谷浩之、座間宏太、光武進、五十嵐靖之、岡崎俊朗 第5回スフィンゴテラピィ研究会(2010)7月16-17日(鳥取)

    214. 光武進、横田はづき、座間宏太、山下匡、岡崎俊朗、渡辺研、五十嵐靖之「SMS2 欠損マウスは食事誘導性肥満に耐性を示す」第5回スフィンゴテラピィ研究会(2010)7月16-17日(鳥取)

    213. Kushi Y., Tsuge J., Kanemura Y., Yanagida M., Shiotani K., Okamoto M. and Igarashi Y. Spfingolipids as a possible signature of microbial communities in actyivated sluge and potential of fungi to wastewater treatment under cold conditions. The 27th Naito Conference on Membrane Dynamics and Lipid Biology{1}, pp116, Poster presentation (2010), June 29- July 2 (Sapporo).

    212. Mizutani Y., Kihara A. and Igarashi Y. Ceramide biosynthesis in keratinocyte and its regulation by PPAR activators. The 27th Naito Conference on Membrane Dynamics and Lipid Biology{1}, pp115, Poster presentation (2010), June 29- July 2 (Sapporo).

    211. Mitsutake M., Yokota H., Zama K., Yamashita T., Okazaki T., Watanabe K. and Igarashi Y. SMS2 deficiency prevents diet-induced obesity. The 27th Naito Conference on Membrane Dynamics and Lipid Biology{1}, pp61, Poster presentation (2010), June 29-July 2 (Sapporo).

    210. 横山三紀、寺沢和恵、五十嵐靖之、平林義男、柳下正樹「スフィンゴシンキナーゼ2の酵素活性に依存したスフィンゴ脂質誘導体化合物による細胞死誘導」第52回日本脂質生化学会(2010)6月14-15日(群馬)

    2009

    209. 柘植純一、金村優香、柳田真弓、塩谷一沙、五十嵐靖之、櫛泰典「活性汚泥から得られたMucor circinelloides の中性スフィンゴ糖脂質について」第2回セラミド研究会学術集会(2009)11月6日(札幌)

    208. 村上逸雄、光武進、五十嵐靖之「ファイトセラミドによる核内受容体PPAR の活性化の解析」第2回セラミド研究会学術集会(2009)11月6日(札幌)

    207. 佐々木栄二、北谷和之、菊池光倫、五十嵐靖之、岡崎俊朗「食事性米糠グルコシルセラミドの抗腫瘍効果」第2回セラミド研究会学術集会(2009)11月6日(札幌)

    206. 横山三紀、寺澤和恵、渡辺昭彦、秋吉一成、市野瀬志津子、五十嵐靖之、平林義雄、柳下正樹「スフィンゴシンキナーゼ2阻害剤によるFas 依存性細胞死過程での液胞形成」第2回セラミド研究会学術集会(2009)11月6日(札幌)

    205. 座間宏太、林遥、光武進、角南寛、山下匡、渡辺研、岡崎俊朗、五十嵐靖之「細胞内スフィンゴミエリン量の細胞増殖及び糖脂質合成に与える影響」Effect of sphingomyelin level on cell growth and synsethis of glycosphingolipids. 第82回日本生化学会大会 ポスター発表 2P-067(2009)10月21-24日、神戸国際会議場(神戸)

    204. 光武進、横田はづき、座間宏太、山下匡、岡崎俊朗、渡辺研、五十嵐靖之「中性脂質蓄積/代謝に置けるスフィンゴミエリン合成酵素2の役割り」Involvementof sphingomyelin synthase2 in neutral lipidmetabolism. 第82回日本生化学会大会 ポスター発表 2P-064(2009)10月21-24日、神戸国際会議場(神戸)

    203. 村上逸雄、光武進、五十嵐靖之「ファイトセラミドによる核内受容体PPAR の活性化」Phytoceramides activate nuclear receptor PPARs. 第82回日本生化学会大会 一般口頭発表 2P-069(2009)10月21-24日、神戸国際会議場(神戸)

    202. 横山三紀、寺沢和恵、渡邊昭彦、秋吉一成、五十嵐靖之、柳下正樹「スフィンゴシンキナーゼ2によるB細胞の細胞死に置けるFAS耐性の役割り」Sphingosine kinase 2 is important for Fas-resistance in B cells. 第82回日本生化学会大会 一般口頭発表 2P-061(2009)10月21-24日、神戸国際会議場(神戸)

    201. Ohno Y., Igarashi Y. and Kihara A "ELOVL7 is a fatty acid elongase exhibiting high activities toward C18-CoAs." 50th ICBL Conference (Regensburg, Germany, Sep 1-6)

    200. 大野祐介、山形麻旗、五十嵐靖之、木原章雄「極長鎖脂肪酸伸長酵素ELOVL7 はC18-CoA に高い活性を示しC24 スフィンゴ脂質合成に関わる」脂質生化学会(2009)7月30-31日(愛知)

    199. 横山三紀、寺澤和恵、渡辺昭彦、秋吉一成、五十嵐靖之、平林義雄、柳下正樹「スフィンゴシンキナーゼ2阻害剤による細胞崩壊の促進」脂質生化学会(2009)7月30-31日(愛知)

    198. 佐々木栄二、北谷和之、菊池光倫、五十嵐靖之、岡崎俊朗「食事性米糠グルコシルセラミドの抗腫瘍効果:成人T細胞白血病細胞異種移植モデル(xenograft model)での抗腫瘍活性評価」スフィンゴテラピィ研究会(2009)7月17-18日(大山)

    197. 藤原和典、北谷和之、矢間敬章、福島慶、菊池光倫、北野博也、五十嵐靖之、岡崎俊朗「頭頸部扁平上皮癌に対する米ぬか由来グルコシルセラミドの腫瘍抑制効果の検討」スフィンゴテラピィ研究会(2009)7月17-18日(大山)

    196. 横山三紀、寺澤和恵、五十嵐靖之、平林義雄、柳下正樹「スフィンゴシンキナーゼ2阻害剤によるFas依存性の活性酸素産生の促進」スフィンゴテラピィ研究会(2009)7月17-18日(大山)

    195. 五十嵐靖之、光武進「SMS 1/2 の生理機能解析」SMS(スフィンゴミエリン合成酵素の欠損マウスに関する)第2回研究(2009)5月23日(京都)

    2008

    194. 柳川芳江、青木慎也、原田修二、山本哲也、坂田洋一、勝村成雄、五十嵐靖之「N,N,N-トリメチルスフィンゴシン類縁化合物によるFVIIa活性の阻害効果 Inhibitory effect of N, N, N-trimethylsphingosine analogues on FVIIa activity.」日本生化学会・分子生物学会合同大会(2008)12月9-12日(神戸)

    193. 辻潔美、佐藤茂、村上逸雄、光武進、五十嵐靖之「スフィンゴ脂質類縁化合物によるPPARsの活性化」日本生化学会・分子生物学会合同大会(2008)12月9-12日(神戸)

    192 林遥、辻潔美、光武進、大須賀壮、平林義雄、五十嵐靖之「新規セラミド合成酵素 SPTLC3の皮膚における機能解析」日本生化学会・分子生物学会合同大会(2008)12月9-12日(神戸)

    191. 木原章雄、池田未佳、小原圭介、五十嵐靖之「脂質非対称変化によるスフィンゴイド塩基トランスロカーゼ Rsb1発現誘導へのRim101経路の関与 The Rim101 pathway is involved in expression of the sphingoid base translocase Rsb1 induced by altered lipid asymmetry」日本生化学会・分子生物学会合同大会(2008)12月9-12日(神戸)

    190. 辻潔美、光武進、五十嵐靖之「マウス表皮細胞株における核内受容体 PPAR-beta によるセラミドキナーゼ(CERK)遺伝子発現の調節機構 第1回セラミド研究会学術集会(2008)11月21日(札幌)

    189. 五十嵐靖之「皮膚におけるセラミド合成の分子機構に関する最近の研究」 第1回セラミド研究会学術集会(2008)11月21日(札幌)

    188. 五十嵐靖之 "Dietary Glucosylceramide Improves Skin Barrier Function in Hairless Mice" ポスター発表 Meeting- Lipids for the Future: From Agroresources to Human Health(2008)10月21-23日(France)

    187. 木原章雄、池田未佳、五十嵐靖之「Rim101 経路は脂質非対称シグナルに関与する」第41回酵母遺伝学フォーラム研究集会(2008)9月12-14日(札幌)

    186. 五十嵐靖之 "Regulation of ligand/agonist -stimulated sphingosine 1-photosphate receptor" 第30回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2008)8月7-8日札幌コンベンションセンター(札幌)

    185. 水谷有紀子、木原章雄、五十嵐靖之、東城博雅「セラミド合成酵素 LASS 3(CerS 3) の基質特異性とその皮膚に置ける役割」第3回スフィンゴテラピィ研究会(2008)7月18-19日、大山(鳥取)

    184. 横山三紀、寺澤和恵、五十嵐靖之、平林義雄、柳下正樹「B細胞受容体刺激によるFas-resistanceにおけるスフィンゴシンキナーゼ2の関与」第50回日本脂質生化学会 口頭発表(2008)6月5-6日、徳島大学(徳島)

    183. 石川准子、高田真吾、橋爪浩二郎、高木豊、堀田光行、渋谷祐輔、増川克典、北原隆、五十嵐靖之「経口摂取したグルコシルセラミドの吸収動態および皮膚への作用」第50回日本脂質生化学会 口頭発表(2008)6月5-6日、徳島大学(徳島)

    182. 山中雅夫、穴田佳大、五十嵐靖之、木原章雄「免疫抑制剤FTY720の代謝と血小板からの放出」薬学会北海道支部例会(2008)5月10日、札幌コンベンションセンター(札幌)

    181. 五十嵐靖之「植物性糖セラミドによる皮膚機能の改善」セラミド研究会発足講演会(2008)4月25日、東京ステーションコンファレンス(東京)

    2007

    180. 樺山一哉、佐藤貴繁、斉藤久美子、ロベルト・ニコレッタ、プリネッティ・アレサンドソニーノ・サンドロ、金城政孝、五十嵐靖之、井ノ口仁一「インスリン抵抗状態においてガングリオシドGM3はインスリン受容体とカベオリンの複合体形成を解離する、Dissociation of the insulin receptor and Caveolin-1 complex by ganglioside GM3 in the state of insulin resistance.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物 学会大会合同大会 口頭発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    179. 大野祐介、木原章雄、伊藤彩子、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体S1P1のパルミトイル化およびパルミトイルトランスフェラーゼDHHCファミリーの解析、Analyses of palmitoylation of the sphingosine 1-phosphate receptor S1P1 and of the palmitoyltransferase DHHC family.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    178. 光武進、横瀬うらら、館知美、辻潔美、杉浦雅子、古浜孝文、五十嵐靖之「ノックアウトマウスを用いたセラミドキナーゼの機能解析、The functional characterization of ceramide kinase using CERK-null mouse.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    177. 鈴木千尋、光武進、山中快子、柳輝希、秋山信志、清水宏、五十嵐靖之「ABCA12の変異が皮膚角化細胞のスフィンゴ脂質合成に与える影響、The effect of ABCA12-mutation on sphingolipid synthesis in human keratinocytes.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    176. 傳寳亜紀、池田未佳、桜庭大子、五十嵐靖之、木原章雄「酵母スフィンゴ脂質とホスファチジルイノシトール代謝におけるPsh1の役割、The role of Psh1 in sphingolipid and OI metabolism in S. cerevisiae.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    175. 金尾有記、池田未佳、桜庭大子、五十嵐靖之、木原章雄「酵母Psh1の哺乳類ホモログPTPLA,PTPLBの昨日解析、Functional analyses of mammmalian homologs of yeast Psh1, PTPLA and PTPLB.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    174. 桜庭大子、池田未佳、五十嵐靖之、木原章雄「酵母Psh1の構造と昨日相関の解明, Elucidation of structure ミfunction relationship of Psh1 I S. cerevisiae.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    173. 千葉紘子、水谷有紀子、岩淵和也、柳川芳江、五十嵐靖之「皮膚におけるセラミドによるCD1発現調節とNKT細胞活性化機構の解明、Role of ceramide in the regulation of CD1d expression in keratinocytes.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    172. 柳川芳江、青木慎也、岩城壮一郎、武谷浩之、五十嵐靖之「血管内火細胞におけるスフィンゴシン1-リン酸の組織因子発現増幅機構の解析、Mechanisms potentiating tissue factor expression by sphingosine1-phophate in endothelial cells」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    171. 青木慎也、柳川芳江、岩城壮一郎、武谷浩之、五十嵐靖之「活性化血小板によるスフィンゴシン1-リン酸を介する血液凝固の促進作用、Involvement of sphingosine1-phophate in activated platelet- mediated potentiation of coagulation reaction.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 ポスター発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    170. 横山三紀、田島俊孝、五十嵐靖之、柳下正樹「スフィンゴシンキナーゼ2によるB細胞のFas 依存性細胞死の抑制,Involvement of sphingosine kinase 2 in Fas-mediated cell death in B cells.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会 口頭発表(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    169. 谷元洋、Yusuff Hannun、五十嵐靖之、伊藤信「トポロジーに着目したスフィンゴミエリン代謝マシーナリー、Machinery of sphimgpmyelin metabolism.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会、ワークショップ(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    168. 木原章雄、五十嵐靖之「Phs1ファミリーによるホスファチジルイノシトール輸送とスフィンゴ脂質代謝に及ぼす影響、Traffikingof PI and effects on sphingolipid metabolism by Psh1 family.」第80回日本生化学会大会・第30回日本分子生物学会大会合同大会、ワークショップ(2007)12月11-15日、パシフィコ横浜(横浜)

    167. 鈴木千尋、光武進、柳輝希、秋山真志、清水宏、五十嵐靖之「ABCトランスポーターABCA12の糖脂質合成における役割」第27回日本糖質学会年会 ポスター発表(2007)8月1-3日、P2-50九州大学(福岡)

    166. 辻潔美、光武進、五十嵐靖之「ヘアレスマウスにおける食餌性グルコシルセラミドの皮膚機能回復効果、第27回日本糖質学会年会 ポスター発表 P1-01(2007)8月1-3日、九州大学(福岡)

    165. 木原章雄、五十嵐靖之「Phs1ファミリーによるスフィンゴ脂質輸送・代謝調節」第48回日本脂質生化学会(2007)6月8-9日、日本科学未来館(東京)、JCBL48: 20

    164. 上村聡志、木原章雄、岩城壮一郎、井ノ口仁一、五十嵐靖之「出芽酵母におけるスフィンゴ糖脂質合成の調節機構」第49回日本脂質生化学会(2007)6月5-6日、北海道大学(札幌)、JCBL49: 103-106

    163. 山中雅夫、穴田佳大、木原章雄、五十嵐靖之「免疫抑制剤FTY720の代謝と血小板からの放出」第49回日本脂質生化学会(2007)6月5-6日、北海道大学(札幌)、JCBL49: 228-231

    162. 辻潔美、光武進、五十嵐靖之「マウス表皮細胞株における核内受容体PPARbによるセラミドキナーゼ(CERK)遺伝子発現の調節機構」第49回日本脂質生化学会(2007)6月5-6日、北海道大学(札幌)、JCBL49: 58-61

    161. 大野祐介、伊藤彩子、木原章雄、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体S1p1のパルミトイル化およびパルミトイルトランスフェラーゼDHHCファミリーの解析」第49回日本脂質生化学会(2007)6月5-6日、北海道大学(札幌)、JCBL49:30-33

    2006

    160. Ikeda M., Kihara A., Denpoh A. and Igarashi Y. (2006)Lipid asymmetry sensors and factors involved in the downstream signaling pathways in Saccharomyces cerevisiae . 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Poster. 5P-C-148. Kyoto, June 18-23.

    159. Ohno Y., Kihara A., Sano T. and Igarashi Y. (2006) Intracellular localization and tissue-specific distribution of human DHHC cysteine-rich domain-containing proteins. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Poster. 3P-C-151. Kyoto, June 18-23.

    158. Mitsutake S., Hanada K. and Igarashi Y. (2006) An intracellular generation site of ceramide 1- phosphate. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Poster. 3P-C-056. Kyoto, June 18-23.

    157. Ito K., Kihara A., TaniM. and Igarashi Y.(2006)Sphingosine 1-phosphate in erythrocyte: mesurement of cellular S1P level and analysis of the S1P-metabolizing enzyme. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Poster. 3P-C-050. Kyoto, June 18-23.

    156. Tsuji K., Mitsutake S. and Igarashi Y.(2006)Modulation of iceramide kinase (CERK) gene expression by the nuclear receptor peroxisome proliferator-activated receptor( PPARb) in murine keratinocyte cell line ( SP1 cells). 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Poster. 3P-C-019. Kyoto, June 18-23.

    155. kabayama K., Sato T., Loberto N., Prinetti A., Sonnino S., Kinjo M., Igarashi Y. and Inokuchi J.(2006)Dissociation of insulin receptor and caveolin complex by ganglioside GM3:a new pathological feature of insulin resistance in adipocytes. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Poster. 1P-A-095. Kyoto, June 18-23.

    154. Uemura S., Yoshida S., Sato T., Ishi A., Saito M., Igarashi Y. and Inokuchi J.(2006)Subcellular localization and stability of ST3Gal-V is defined by its N-terminal length. 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, Poster. 1P-A-082. Kyoto, June 18-23.

    153. 岩城壮一郎、佐野孝光、高木智子、大隅正子、木原章雄、五十嵐靖之「酵母スフィンゴイド塩基キナーゼ Lcb4pにおいて見られる細胞膜-ER間新規輸送機構」第48回日本脂質生化学会(2006)6月8-9日、日本科学未来館(東京)、JCBL48:271-274

    152. 光武進、花田賢太郎、五十嵐靖之「セラミド1-リン酸賛成径路の解明」第48回日本脂質生化学会(2006)6月8-9日、日本科学未来館(東京)、JCBL48:230-231

    151. 館知美、光武進、五十嵐靖之「HL60の分化に伴うセラミドキナーゼの発現変動」第48回日本脂質生化学会(2006)6月8-9日、日本科学未来館(東京)、JCBL48:227-229

    150. 穴田佳大、伊藤清春、谷元洋、池田未佳、佐野孝光、木原章雄、五十嵐靖之「赤血球/血小板におけるスフィンゴシン1-リン酸および FTY720Pの生成放出機構」第48回日本脂質生化学会(2006)6月8-9日、日本科学未来館(東京)、JCBL48: 219-222

    149. 大野祐介、木原章雄、佐野孝光、五十嵐靖之「ヒトパルミトイルトランスフェラーゼ DHHCファミリーの細胞内局在と組織分布」第48回日本脂質生化学会(2006)6月8-9日、日本科学未来館(東京)、JCBL48:215-218

    148. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質研究を通して生体膜の機能解明をめざす」東北薬科大学生体膜研究所設置記念シンポジウム(2006)4月7日、東北薬科大学(仙台)

    147. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質、セラミド研究の血管、免疫、皮膚科学への応用展開」順天堂大学環境研究所公開シンポジウム 招待講演(2006)3月13日、順天堂大学(東京)

    2005

    146. 加藤まり子、光武進、五十嵐靖之「出芽酵母スフィンゴイド塩基トランスロカーゼ Rsb1pの発現を制御する因子の探索.Screeningof factors that regulate the expression of RSB1p, yhesphingoid long-chain bas-specific translocase in budding yeast」第28回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-237(2005)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    145. 佐野孝光、木原章雄、岩城壮一郎、五十嵐靖之「出芽酵母スフィンゴイド塩基トランスロカーゼ Rsb1pの発現を制御する因子の探索.Screeningof factors that regulate the expression of RSB1p, yhesphingoid long-chain bas-specific translocase in budding yeast」第28回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-237(2005)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    144. 平賀由起、木原章雄、五十嵐靖之「出芽酵母スフィンゴイド塩基トランスロカーゼ Rsb1pの発現を制御する因子の探索.Screeningof factors that regulate the expression of RSB1p, yhesphingoid long-chain bas-specific translocase in budding yeast」第28回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-237(2005)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    143. 池田未佳、木原章雄、伝宝亜紀、五十嵐靖之「出芽酵母スフィンゴイド塩基トランスロカーゼ Rsb1pの発現を制御する因子の探索.Screeningof factors that regulate the expression of RSB1p, yhesphingoid long-chain bas-specific translocase in budding yeast」第28回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-237(2005)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    142. 木原章雄、平賀由起、大野祐介、五十嵐靖之「DHHC 蛋白質によるスフィンゴシン1−リン酸関連因子のパルミトイル化」第28回日本分子生物学会年会シンポジウム、1PA-237(2005)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    141. Inagaki Y. and Igarashi Y. Evidence for the existence of sphingosine1-phosphate exporter in rat platelet. 第78回日本生化学会大会 ポスター発表(2005)10月19日-22日、神戸国際展示場(神戸)

    140. Kohno T. and Igarashi Y. Evidence for the existence of sphingosine1-phosphate exporter in rat platelet. 第78回日本生化学会大会 ポスター発表(2005)10月19日-22日、神戸国際展示場(神戸)

    139. Tani M., Sano T., Itoh M. and Igarashi Y. Evidence for the existence of sphingosine1-phosphate exporter in rat platelet. 第78回日本生化学会大会 ポスター発表(2005)10月19日-22日、神戸国際展示場(神戸)

    138. Mitutake S. and Igarashi Y. Evidence for the existence of sphingosine1-phosphate exporter in rat platelet. 第78回日本生化学会大会 ポスター発表(2005)10月19日-22日、神戸国際展示場(神戸)

    137. Iwaki S., Kihara A., Sano T. and Igarashi Y. Identification transport pathway of the yeast sphingolipid long-chain base kinase Lcb4p for degaradation in the stationary phase. 第78回日本生化学会大会ポスター発表(2005)10月19日-22日、神戸国際展示場(神戸)

    136. 木原章雄、五十嵐靖之「スフィンゴ脂質の代謝と動態」生化学会北海道支部総会 総説講演(2005)7月28日、札幌医科大学(札幌)

    135. 上村聡志、鈴木智子、吉田清香、伊東信、斉藤政樹、穴田佳大、斉藤健太、金城政孝、五十嵐靖之、井ノ口仁一「糖鎖代替えアミノ酸置換法(SUNGA): ST3GAL-Vをモデル酵素として」第5回日本糖質学会年会(2005)7月20-22日(大津)

    134. 樺山一哉、佐藤貴繁、斉藤久美子、穴田佳大、斉藤健太、金城政孝、五十嵐靖之、井ノ口仁一「ガングリオシドGM3によるインスリン受容体-カベオリン複合体の乖離」第5回日本糖質学会年会(2005)7月20-22日(大津)

    133. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質による生体膜ドメインの形成系魚機構」ナノドメイン生物学ワークショップ 招待講演(2005)6月9日、薬学会館(東京)

    132. 岩城壮一郎、木原章雄、佐野孝光、五十嵐靖之「酵母スフィンゴシンキナーゼLcb4pの局在および細胞内輸送機構の解析」第47回日本脂質生化学会(2005)6月2-3日、金沢市観光会館(金沢)、JCBL47: 268−271

    131. 金澤中、光武進、加藤まり子、五十嵐靖之 The pleckstrin homology domain ofceramide kinasemediates interaction to phosphatidylinositol 4,5-bis phophate, regulating plasma membrane localization. 第47回日本脂質生化学会(2005)6月2-3日、金沢市観光会館(金沢)、JCBL47: 289-292

    130. 金振旭、稲垣裕一、光武進、前澤宣宏、勝村成雄、柳然属、Park Chang-Seo、五十嵐靖之「新規セラミダーゼ阻害剤によるマスト細胞脱顆粒の抑制」第47回日本脂質生化学会(2005)6月2-3日、金沢市観光会館(金沢)、JCBL47: 286-288

    129. 谷元洋、佐野孝光、伊東信、五十嵐靖之「ヒト血小板におけるスフィンゴシン、スフィンゴシン1-リン酸の生成機構の解析」第47回日本脂質生化学会(2005)6月2-3日、金沢市観光会館(金沢)、JCBL47: 143-146

    128. 前澤宜宏、古市紀之、稲垣裕一、Kim Jing wook、五十嵐靖之、勝村成雄「スフィンゴシンキナーゼ阻害剤F-12509Aの合成およびその絶対立体配置の決定」日本化学会春期年会(2005)3月(東京)

    2004

    127. 稲垣裕一、五十嵐靖之「コンピューターモデリングによる S1P4/Edg-6 のリガンド結合様式の解析」第26回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム(2004)11月25-26日(京都)

    126. 五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸と細胞樹法伝達」関西プロスタノイド・COX研究会 招待講演(2004)11月5日、大阪国際ホテル(大阪)

    125. Sato T., Zakaria A., Uemura S., Ishi A., Iwashita Y., Igarashi Y. and Inokuchi J. Differentiation of F9 embryonal carcinoma cells requires upregulation of ganglioside biosynthesis and formation of membrane microdomain.「F9細胞の分化におけるガングリオシドの増加とマイクロドメインの機能解析」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    124. Saito K., kabayama K., Suzuki Y., Suzuki M., Suzuki A., Igarashi Y. and Inokuchi J. Proteomic analysis of membrane-microdomain in GM3-reconstituted cells.「GM3再構成細胞におけるマイクロドメインのポロテオーム解析」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    123. Uemura S., Suzuki T., Ito S., saito M., Igarashi Y. and Inokuchi J.(2004) N-glycans on GM3 synthase require for the activity but can be substituted with specific amino acid at or near the glycosylation sites. 「GM3合成酵素に負荷する糖鎖は活性に必要だが、特定のアミノ酸置換でその機能は代替できる」第77回日本生化学会大会 ポスター発表、10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    122. Kobayashi N., Hirata T., Nishi T., Kihara A., Sano T., Igarashi Y. and Yamaguchi A. Evidence for the existence of sphingosine1-phosphate exporter in rat platelet.「ラット血小板にはスフィンゴシン1−リン酸排出輸送体が存在する」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    121. Kohno T. and Igarasahi Y. Analysis of phosphorylation-mediatedsignal transduction of the sphingosine1-phosphate receptor Edg-1/S1p1.「スフィンゴシン1−リン酸受容体Edg-1/S1p1のリン酸化が関与する細胞内情報伝達機構の解析」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    120.Inagaki Y., Kohno T., Fujiwara Y., Parrill and Igarasahi Y. Identification of recognition sites of S1P4/Edg-6 receptor by using computational modeling.「コンピューターモデリングによるS1P4/Edg-6のリガンド結合様式の解析」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    119. Hiraga Y., Kihara A., Sano T. and Igarasahi Y. Change in expression profiles of S!P/Edg receptors during differentiation of F9 embryonical carcinoma(EC) cells.「F9胚性癌腫細胞の分化におけるS1P/Edg受容体の発現変動」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    118. Iwaki S., Kihara A., Sano T. and Igarasahi Y. Phosphorylation regulates the stability of yeast sphingoid long-chain base kinase Lcb4.「酵母スフィンゴシンキナーゼLcb4はリン酸化によって安定性が制御されている」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    117. Kim J., Kim Y., Lee W., Inagaki Y., Mitsutake S., Ha H-J., Park C. and Igarasahi Y. Specific inhibitory effect of sphingoid analogs on human sphingosine kinase 2. 「ヒトスフィンゴシンキナーゼ2特異的阻害剤の同定と解析」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    116. Tani M., Igarasahi Y. and Ito M. Metabolism of ceramide at the outer leaflet of plasma membrane and extra milieu by neutral ceramidase.「中性セラミダーゼに寄る形質膜および再妨害セラミドの代謝」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    115. Mitsutake S. and Igarashi Y. Calmodulin is involved in Ca2+ dependent activation of ceramide kinase. 「Ca2+/Calmodulinを介したセラミドキナーゼ活性化」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)114. Kim T-J., Mitsutake S. and Igarashi Y. Regulation of ceramide kinase by specific phosphatidylinossitol. 「ホスファチジルイノシトールによるセラミドキナーゼの制御」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    113. Mizutani Y., Kihara A. and Igarasahi Y. Cloning and characterization of new mouse LAG1 homolog, mLAG1-4, involved in ceramide synthesis.「マウス、セラミド合成酵素LAG1の新規ホモログのクローニングおよび酵素額解析について」第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    112. Kihara A. and Igarasahi Y. FVT-1is a mammalian 3-ketodihydrosphingosine reductase with an active site that faces the cytoplasmic side of the endoplasmic reticulim membrane.「哺乳類3-ケトジヒドロスフィンゴシンレダクターゼの活性中心は小胞体の細胞質側に配向している」 第77回日本生化学会大会 ポスター発表(2004)10月13-16日、パシフィコ横浜(横浜)

    111. 谷元洋、五十嵐靖之、沖野望、伊東信「ほ乳動物中性セラミダーゼの構造、局在および機能」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 一般講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    110. 武田さえ子、光武進,五十嵐靖之「ヒト表皮細胞Hacatにおけるセラミドキナーゼのリサイクル/再構成とそれに伴うアポトーシスに関する検討」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 一般講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    109. 光武進、金澤中、加藤まり子、垣裕一、山下俊之、五十嵐靖之「マスト細胞におけるセラミドキナーゼの働き」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 一般講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    108. 水谷有紀子、木原章雄、五十嵐靖之「ヒトSphingolipidC4-hydroxylase, hDES2のクローニングとケラチノサイトの分化におけるフィトセラミド生成とhDES2発現の相関について」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 一般講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    107. 池田未佳、木原章雄、狩谷有希、五十嵐靖之「SPL欠損細胞を用いた解析より明らかになった、もう一つのS1Pリアーゼの存在」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 一般講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    106. 狩谷有希、木原章雄、Yong-Moon Lee、五十嵐靖之「DNA合成誘起における細胞内スフィンゴシン1−リン酸の役割の再検討」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 一般講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    105. 木原章雄、岩城壮一郎、黒津芙美子、五十嵐靖之「酵母スフィンゴシンキナーゼLcb4pの翻訳後修飾」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 一般講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    104. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質の細胞内動態とシグナリングを司る新しい役者たちの発見とその展開」第46回日本脂質生化学会シンポジウム 招待講演(2004)6月18-19日、熊本産業文化会館(熊本)

    2003

    103. 五十嵐靖之「細胞内外で働く脂質メディエータースフィンゴシン1−リン酸の動態と機能を中心として」第2回大阪脂質研究会 招待講演(2003)12月20日、大阪国際会館(大阪)

    102. 五十嵐靖之「細胞内外で働く脂質メディエータースフィンゴシン1−リン酸の動態と機能を中心として」第16回肝再生研究会 招待基調講演(2003)12月5日、品川プリンスホテル(東京)

    101. 金澤中、光武進、加藤まり子、五十嵐靖之「ホスファチジルイノシトールリン酸によるセラミドキナーゼの活性制御」日本薬学会北海道支部第121回例会(2003)A-17(札幌)

    100. 稲垣裕一、黎培芸、和田淳、光武進、五十嵐靖之「ヒトスフィンゴシンキナーゼ1における核外移行シグナルの同定」 日本薬学会北海道支部第121回例会(2003)A-16(札幌)

    99. 横田真二、谷口友紀、木原章雄、光武進、五十嵐靖之「スフィンゴシンキナーゼ1の基質認識部位の解析」日本薬学会北海道支部第121回例会(2003) A-15(札幌)

    98. 佐藤貴繁、上村聡志、宇佐美剛志、アシフ モハマド ザカリア、安住薫、五十嵐靖之、井ノ口仁一「分化に伴うマウスF9細胞のガングリオシド発現量の変化」日本薬学会北海道支部第121回例会(2003)(札幌)

    97. 渡辺幸、幸野貴之、箱木敏和、重成俊彦、勝村成雄、五十嵐靖之「蛍光標識スフィンゴシン1-リン酸を用いた受容体・リガンド複合体の細胞内動態の解析」 第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-241(2003)12月10-13日、神戸国際展示場 (神戸)

    96. 横田真二、谷口友紀、木原章雄、光武進、五十嵐靖之「スフィンゴシンキナーゼ1の基質認識部位の同定」 第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-242(2003)12月10-13日、神戸国際展示場(神戸)

    95. Kim TJ., Mitsutake S., Kato M. and Igarashi Y. Ceramide Kinase is Regulated by Specific Phosphatidylinositol Phosphates. 第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-241(2003)12月10-13日、神戸国際展示場(神戸)

    94. 狩谷 有希、木原 章雄、五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸過剰蓄積系の確立とその解析」第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-240(2003)12月10-13日、神戸国際展示場(神戸)

    93. 黒津芙美子、木原章雄、佐野孝光、五十嵐靖之「変異による酵母スフィンゴシンキナーゼ Lcb4p の発現量低下の解析」第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-239(2003)12月10-13日、神戸国際展示場(神戸)

    92. 佐野孝光、木原章雄、黒津芙美子、五十嵐靖之「フィトスフィンゴシン耐性酵母変異株の単離及び解析」第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-238(2003)12月10-13日、神戸国際展示場(神戸)

    91. 木原章雄、黒津芙美子、岩城 壮一郎、五十嵐 靖之「パルミトイルトランスフェラーゼ Akr1p による酵母スフィンゴシンキナーゼ Lcb4p の翻訳後修飾」第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-237(2003)12月10-13日、神戸国際展示場(神戸)

    90. 佐藤貴繁、上村聡志、ザガリアアシフ、五十嵐靖之、井ノ口仁一「分化に伴うマウスF9細胞のガングリオシド発現量の変化」第26回日本分子生物学会年会 ポスター発表 1PA-129(2003)12月10-13日、神戸国際展示場(神戸)

    89. 五十嵐靖之「北海道における次世代ポストゲノム研究と文科省特定研究『スフィンゴ脂質』グループの研究成果 糖鎖研究と関連他領域研究との接点」第1回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム 招待講演(2003)11月4日、東京薬学会館(東京)

    88. Ikeda M., Kihara A., Kariya Y., Fukuda Y. and Igarashi Y. Analysis of tissue-and embryonic development-specific expression patterns of mouse Sphingosine 1-phosphate lyase, SPL. 第76回日本生化学会大会 ポスター発表 3p521(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    87. Mitsutake S., Kim TJ., Inagaki Y., Kato M., Yamashita T. and Igarashi Y. Ceramide kinase is involved in degranulation pathway of rat basophilic leukemia(RBL-2H3) cells. 第76回日本生化学会大会 ポスター発表 3p516(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    86. Inagaki Y., Li PY., Wada A., Mitsutake S. and Igarashi Y. Identification and characterization of a nuclear export signal within human sphingosine kinase 1. 第76回日本生化学会大会 ポスター発表 3p515(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    85. Kihara A., Kurotsu F., Iwaki S., Sano T. and Igarashi Y. Characterization of phytosphingosine resistant yeast mutants isolated by transposon insertion. 第76回日本生化学会大会 ポスター発表 3p514(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    84. Iwaki S., Kihara A., Sano T. and Igarashi Y. Sphingoid long-chain base kinase, Lcb4p, is regulated by phosphorylation in Saccharomyces cerevisiae. 第76回日本生化学会大会 ポスター発表 3p513(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    83. Kabayama K., Zakaria AM., Kaneko M., Igarashi Y. and Inokuchi J. GM3 synthase gene expression is positively correlated with anticancer-drug resistance in human NSCLCs. 第76回日本生化学会大 会ポスター発表 pp(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    82. Uemura S., Kihara A., Inokuchi J. and Igarashi Y. Csg2p interacts and regulates two inositol phosphorylceramide mannosyltransferase, Csg1p and Csh1p, in yeast Saccharomyces cerevisiae. 第76回日本生化学会大会 ポスター発表 pp(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    81. Noguchi M., Kabayama K., Uemura S., Kan BW., Igarashi Y. and Inokuchi J. Expression of ganglioside GM3 inhibit apoptosis induced by etoposide. 第76回日本生化学会大会 ポスター発表 pp(2003)10月13-18日、横浜パシフィコ(横浜)

    80. 五十嵐靖之「シグナル分子としてのスフィンゴシン1−リン酸の可能性」第回日本蛋白質科学年会招待講演(2003)6月24日、北海道大学(札幌)

    79. 五十嵐靖之「糖鎖・スフィンゴ脂質によるマイクロドメイン形成制御と医薬開発への応用可能生」静岡県立大学COE記念講演会 招待講演(鈴木康夫教授)(2003)静岡5月9日、静岡県立大学(静岡)

    78. 五十嵐靖之、幸野貴之、井ノ口仁一「糖鎖・糖脂質による細胞膜マイクロドメインの機能制御」日本薬学会123年会シンポジウム(2003)3月27-29日、長崎大学(長崎)

    2002

    77. 井ノ口仁一、樺山一哉、北村太、上村聡志、佐藤貴繁、吉村治彦、田上清一、坂上慎二、西村正治、斉藤政樹、五十嵐靖之「2型糖尿病のインシュリン抵抗性とマイクロドメイン機能異常」第25回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集 pp121(2002)12月11-14日、横浜パシフィコ(横浜)

    76. 幸野貴之、松行博文、五十嵐靖之「CHO細胞におけるスフィンゴシン1−リン酸受容体Edg-6を介した細胞運動の制御機構、第25回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集 pp122(2002)12月11-14日、横浜パシフィコ(横浜)

    75. 小川千絵、木原章雄、五十嵐靖之「新規スフィンゴシン1−リン酸ホスファターゼ(SPP2) の同定及びその解析」第25回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集 pp116(2002)12月11-14日、横浜パシフィコ(横浜)

    74. 平藤雅彦、濱谷幸洋、松本弓佳、町田拓自、南勝、幸野貴之、五十嵐靖之「血管平滑筋細胞でのNO産生系に及ぼす新規脂質メディエーター、スフィンゴシン1ーリン酸の影響」第30回薬物活性シンポジウム - 細胞メカニズムの解明から創薬へ -(2002) 11月14-15日、福岡ソフトリサーチパーク・SRPホール(福岡)

    73. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質とシグナル伝達」 第28回北海道細胞情報伝達系研究会(2002)11月9日、札幌第一ホテル(札幌)

    72. 樺山一哉、五十嵐靖之、井ノ口仁一「GM3による癌細胞の特性変化」第75回日本生化学会大会 ポスター発表 pp720(2002)10月13-17日、京都国際会館(京都)

    71. 野口真里子、樺山一哉、上村聡、五十嵐靖之、井ノ口仁一「ガングリオシド GM3 再構成細胞による癌細胞の特性変化」第75回日本生化学会大会 ポスター発表 pp720(2002)10月13-17日、京都国際会館(京都)

    70. 池田未佳、木原章雄、五十嵐靖之「新規スフィンゴシン1−リン酸リアーゼ結合タンパク質SPLAP1の同定と解析」第75回日本生化学会大会 ポスター発表 pp917(2002)10月13-17日、京都国際会館(京都)

    69. 岩城壮一郎、木原章雄、佐野孝光、五十嵐靖之「酵母スフィンゴシンキナーゼの活性調節機構の解析」第75回日本生化学会大会 ポスター発表 pp688(2002)10月13-17日、京都国際会館(京都)

    68. 水谷有紀子、木原章雄、五十嵐靖之「マウス、セラミド合成酵素のクローニングおよび酵素学的解析」第75回日本生化学会大会 ポスター発表 pp974(2002)10月13-17日、京都国際会館(京都)

    67. 井ノ口仁一、樺山一哉、上村聡志、野口真里子、五十嵐靖之「スフィンゴ糖脂質による遺伝子発現と生体機能の調節」第75回日本生化学会大会シンポジウム:ポストゲノム研究のミッッシングリンク−糖鎖シグナルによる生体機能調節、pp719(2002)10月13-17日、京都国際会館(京都)

    66. 木原章雄、五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸リアーゼ遺伝子欠損による分化応答の解析」第75回日本生化学会大会シンポジウム:生体膜脂質マイクロドメイン(ラフト)の形成とシグナリング、 pp618(2002)10月13-17日、京都国際会館(京都)

    65. 井ノ口仁一、樺山一哉、上村聡志、五十嵐靖之「ガングリオシドGM3発現による抗癌剤抵抗性の獲得」ワークショップ:癌細胞の生化学(2002) 第61回日本癌学会総会、pp106、10月1−3日、東京国際フォーラム(東京)

    64. 木原章雄、五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸リアーゼ欠損細胞を用いた細胞分化応答機能の解析」群馬大学生体調節研究所シンポジウム、脂質メディエーターの動態制御と生体機能 招待講演(2002)8月30日、群馬大学(前橋)

    63. 井ノ口仁一、樺山一哉、北村太、上村聡志、佐藤貴繁、吉村治彦、田上清一、坂上慎二、西村正治、斉藤政樹、五十嵐靖之、「2型糖尿病のインシュリン抵抗性に関わるガングリオシドGM3の機能」第23回日本糖質学会年会、pp70(2002)8月22-24日、神奈川大学(横浜)

    62. 池田未佳、木原章雄、五十嵐靖之「生理活性脂質スフィンゴシン1−リン酸分解酵素(S1Pリアーゼ)の解析」 日本薬学会北海道支部例会(2002)6月15日(札幌)

    61. 和田淳、谷口陽子、五十嵐靖之「スフィンゴシンキナーゼ2の性質と局在性」第55回日本細胞生物学会大会 ポスター発表(2002)6月13−16日、横浜パシフィコ(横浜)

    60. 箱木敏和、重成俊彦、佐野貴光、五十嵐靖之、勝村成雄「蛍光標識化スフィンゴ脂質の創製」日本化学会第81回春季年会(2002)3月、(東京)

    2001

    59. 幸野貴之、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体Edg-1のN末端切断とその生理的意義」第24回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集(2001)12月9-12日、横浜パシフィコ(横浜)

    58. 谷口友紀、木原章雄、五十嵐靖之「マウススフィンゴシンキナーゼ1a(mSPHK1a)の変異体およびその解析」第24回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集(2001)12月9-12日、横浜パシフィコ(横浜)

    57. 木原章雄、五十嵐靖之「脂質ホスファターゼによるスフィンゴイド塩基一一リン酸のER 膜への取り込み」第24回日本分子生物学会年会シンポジウム講演:リン脂質シグナリングと細胞機能、講演要旨集(2001)12月9-12日、横浜パシフィコ(横浜)

    56. 井ノ口仁一、樺山一哉、上村聡志、五十嵐靖之「ラクトシルセラミドの硫酸化およびシアル酸化による遺伝子発現調節」第24回日本分子生物学会年会ワークショップ講8:新たな細胞機能調節法、糖鎖構造のモジュレーション、講演要旨集(2001)12月9-12日、横浜パシフィコ(横浜)

    55. 五十嵐靖之「特定領域研究Bースフィンゴによるドメイン形成と多機能シグナリングーの1年間の研究成果と今後の展望」班会議公開シンポジウム 基調講演(2001)11月26日、日本薬学会館(東京)

    54. 樺山一哉、上村聡志、五十嵐靖之、井ノ口仁一「ラクトシルセラミドの硫酸化およびシアル酸化によるb1インテグリンの発現調節」日本薬学会北海道支部例会(2001)11月17日、北海道大学(札幌)

    53. 谷口友紀、木原章雄、五十嵐靖之「マウススフィンゴシンキナーゼ1a(mSPHK1a)の変異体およびその解析」日本薬学会北海道支部例会(2001)11月17日、北海道大学(札幌)

    52. 山田圭一、竹花綾子、樺山一哉、五十嵐靖之、井ノ口仁一「セラミドアナログL-PDMPのガングリオシド生合成促進機序の解析及びミトコンドリア結合タンパクの検討」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp688(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    51. 上村聡志、樺山一哉、五十嵐靖之、井ノ口仁一「細胞膜ラフトにおけるGM3の生物学的意義の究明」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp688(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    50. 樺山一哉、上村聡志、五十嵐靖之、井ノ口仁一「ラクトシルセラミドの硫酸化およびシアル酸化によるb1インテグリンの発現調節」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp686(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    49. 村手隆、坂野喜子、小泉恵子、森尚義、和田淳、五十嵐靖之、高木明、吉田松年、野沢義則「sphingosine kinase1aの免疫染色によるヒト組織分布とプロモーター解析」 第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp967(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    48. 塚原完、五十嵐靖之「ヒト血小板における新規スフィンゴシンキナーゼ活性について」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp967(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    47. 福田ゆう、青山由紀、和田淳、五十嵐靖之「スフィンゴシンキナーゼ1結合タンパク質の同定および解析」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp905(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    46. 稲垣裕一、幸野貴之、和田淳、AbbyL. Parrill、Gabor Tigyi、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体Edg-6のリガンド結合部位の同定」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp905(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    45. 松行博文、幸野貴之、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体Edg-6の細胞内情報伝達機構に関する検討」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp905(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    44. 佐野孝光、Gabor Tigyi、矢冨裕、和田淳、五十嵐靖之「血中リゾホスファチジン酸生成機構の解析」第74回日本生化学会大会シンポジウム ポスター発表 pp834(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    43. 井ノ口仁一、田上清一、樺山一哉、吉村治彦、北村太、上村聡志、小川知恵、五十嵐靖之、石井睦、斉藤政樹、坂上慎二、西村正治「ガングリオシドGM3は2型糖尿病におけるインスリン抵抗性に関与する 第74回日本生化学会大会シンポジウム:脂肪細胞 の新しい機能と疾患ターゲット分子 pp1049(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    42. 水野弘貴、木原章雄、五十嵐靖之「新規スフィンゴシンキナーゼ・SPHK3の解析」第74回日本生化学会大会シンポジウム:多機能シグナル分子としてのスフィンゴ脂質の役割り pp967(2001)10月25-28日、京都国際会館(京都)

    41. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質、糖脂質の生体調節機能と生体における役割」第24回食品新素材研究会 招待講演 pp17-21(2001).7月18日、ホテルラフィーネ札幌(札幌)

    40. 村手隆、板野喜子、小泉恵子、和田敦、五十嵐靖之、野沢義則「スフィンゴシンキナーゼ1aの細胞分布特異性と新しい分化マーカーとしての役割」第43回脂質生化学研究会 一般講演、脂質生化学研究 43:211-214(2001)6月21-22日、帯広とかちプラザ(帯広)

    39. 竹花綾子、五十嵐靖之、井ノ口仁一「セラミドアナログL-PDMPのガングリオシド生合成促進機序及び細胞内結合タンパクの検討」第43回脂質生化学研究会 一般講演、脂質生化学研究 43:184-187(2001) 6月21-22日、帯広とかちプラザ(帯広)

    38. 水野弘貴、木原章雄、和田淳、本橋健、五十嵐靖之「新規スフィンゴシンキナーゼの同定と機能解析」第54回日本細胞生物学会大会 ポスタ−発表 pp48(2001)5月29日−6月1日、長良川国際会議場(岐阜)

    37. 井ノ口仁一、樺山一哉、五十嵐靖之「酸性スフィンゴ糖脂質GM3 およびSM3によるインテグリン機能の2方向性制御」第54回日本細胞生物学会大会ワークショップ:マトリックス分子シグナルの多様性と細胞接着 pp37(2001)5月29日−6月1日、長良川国際会議場(岐阜)

    36. 矢富裕、尾崎由基男、大森司、五十嵐靖之 「活性化血小板由来スフィンゴシン1−リン酸の血管生物学における役割」 第54回日本細胞生物学会大会ワークショップ:リピドシグナリングを介する細胞機能調節 pp26(2001)5月29日−6月1日、長良川国際会議場(岐阜)

    35. 井ノ口仁一、五十嵐靖之「糖脂質生合成におけるラクトシルセラミド分岐の生物学的意義ー細胞接着とミクロドメインの検討」日本薬学会121年会シンポジウム:細胞膜脂質ミクロドメイン(ラフト)と情報伝達、講演要旨集 pp  (2001)3月28-30日、ロイトン札幌(札幌)

    34. Inokuchi J., Kabayama K., Uemura S. and Igarashi Y. Bidirectional regulation of integrin functions and tumorigenicity by sialylation and sulfation of lactosylceramide. スフィンゴ脂質による生体膜ドメイン形成と多機能シグナリング公開班会議講演要旨集 16(2001)3月26-27日、札幌定山渓ホテル(札幌)

    33. 幸野貴之、五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸受容体の糖鎖の役割」スフィンゴ脂質による生体膜ドメイン形成と多機能シグナリング公開班会議講演要旨集 20(2001)3月26-27日、札幌定山渓ホテル(札幌)

    2000

    32. 佐野孝光、G. Tigyi、矢冨裕、小林哲幸、和田淳、五十嵐靖之「血小板活性化を介した血中リゾホスファチジン産生の新しい機構」第23回日本分子生物学会年会ポスター発表、講演要旨集 ICP-218(2000)12月13-16日(神戸)

    31. 水野弘貴、本橋健、五十嵐靖之「脂質メディエーター生成酵素スフィンゴシンキナーゼの分子多様性」第26回応用酵素研究発表会講演。講演要旨集 pp 15(2000)11月27日(京都)

    30. 五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸生物学の発展と医薬開発への可能性」日本薬学会、生体膜と薬物の相互作用シンポジウム講演:スフィンゴ脂質から見た創薬の切り口、講演要旨集 pp 49-52(2000)11月16-17日(京都)

    29. 幸野貴之、和田淳、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体Edg-1におけるアスパラギン結合糖鎖の役割」第53回日本生物学会シンポジウム講演:脂質メディエーター研究の新展開、講演要旨集 pp 13(2000)10月31日-11月2日、アクロス福岡(福岡)

    28. 上村聡志、樺山一哉、石井睦、斉藤政樹、五十嵐靖之、井ノ口仁一「生体膜ミクロドメインの形成および機能におけるスフィンゴ糖脂質の意義」第73回日本生化学会ポスター発表 講演要旨集 pp 712(2000)10月11-14日、パシフィコ横浜(横浜)

    27. 樺山一哉、上村聡志、本家孝一、石井睦、斉藤政樹、五十嵐靖之、井ノ口仁一「ラクトシルセラミドへの硫酸およびシアル酸転移によるインテグリン機能の変化」第73回日本生化学会ポスター発表 講演要旨集 pp 712(2000)10月11-14日、パシフィコ横浜(横浜)

    26. 和田淳、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体の機能解析」第73回日本生化学会シンポジウム講演:スフィンゴ脂質によるマイクロドメイン形成と多機能シグナリング、講演要旨集 pp 686(2000)10月11-14日、パシフィコ横浜(横浜)

    25. 井ノ口仁一、樺山一哉、上村聡志、五十嵐靖之「スフィンゴ糖脂質生合成におけるラクトシルセラミド分岐の生物学的意義」第73回日本生化学会シンポジウム講演:糖鎖による細胞間コミュニケーション、講演要旨集 pp 644(2000)10月11-14日、パシフィコ横浜(横浜)

    24. 五十嵐靖之「セラミド含有スフィンゴ脂質の生理機能研究」食品開発展セミナー招待講演(2000) 9月20-22日、東京ビッグサイト(東京)

    23. 樺山一哉、伊藤のぞみ、本家孝一、五十嵐靖之、井ノ口仁一「ラクトシルサルファチド発現によるインテグリンの機能抑制」第21回日本糖質学会年会講演要旨集 pp(2000)7月27-29日、名古屋

    22. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質、糖脂質の細胞膜生物学ーS1P受容体の糖鎖修飾と糖脂質によるミクロドメイン形成を中心としてー」グリコクラスター第2回シンポジウム特別講演(2000)7月19日、北海道大学学術交流会館(札幌)

    21. 坂野喜子、村手隆、小泉恵子、森尚義、和田淳、五十嵐靖之、野澤義則 「ヒト血小板スフィンゴシンキナーゼの性状と分布」第14回東海凝固線溶セミナー(2000)4月21日、名鉄ニューグランドホテル(名古屋)

    20. 五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸とその受容体の機能」日本薬学会120年会シンポジウム:脂質シグナリングと細胞機能、講演要旨集 pp(2000)3月29-30日、岐阜薬大(岐阜)

    19. 五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸とその受容体」第9回臨床生理活性脂質研究会特別講演、講演要旨集 pp1(2000)2月18 日、長井記念ホール(東京)

    1999

    18. 柴田智美、本橋健、五十嵐靖之「血小板におけるスフィンゴシン1−リン酸受容体の発現」第22回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集 pp410(1999)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    17. 幸野貴之、和田淳、太田克彦、岩渕和也、五十嵐靖之「Edg6のクローニングと細胞内局在」第22回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集 pp410(1999)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    16. 福田涼子、和田淳、幸野貴之、五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸受容体AGR16・Edg5の発現によるHEK293細胞のrounding誘導」第22回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集 pp410(1999)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    15. 太田克彦、和田淳、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体マウスEdg3の発現によるCOS7細胞の形態変化」第22回日本分子生物学会年会 ポスター発表、講演要旨集 pp409(1999)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    14. 五十嵐靖之、和田淳、本橋健、矢冨裕「スフィンゴシン1-リン酸とその受容体の機能解析」第22回日本分子生物学会年会ワークショップ:脂質メディエーターと生体制御、講演要旨集 pp268(1999)12月7-10日、福岡ドーム(福岡)

    13. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質シグナリングと細胞機能」第113回日本薬学会北海道支部例会 一般講演、講演要旨集32-34(1999)11月27日、北海道大学(札幌)

    12. 五十嵐靖之「スフィンゴ脂質と情報伝達:新しい脂質メディエーター、スフィンゴシン1-リン酸とその受容体の機能解析における意義と役割」第38回日本薬学会東北支部大会 特別講演、講演要旨集 pp9(1999)10月17日、東北薬科大学(仙台)

    11. 矢冨裕、久野伸夫、五十嵐靖之、尾崎由紀男「血管生物学におけるスフィンゴ脂質」99年度生化学会シンポジウム:スフィンゴ脂質シグナリング、講演要旨集 pp676(1999)10月6-10日、パシフィコ横浜(横浜)

    10. 和田淳、五十嵐靖之「スフィンゴシン1-リン酸受容体空の細胞内情報伝達機構」99年度生化学会シンポジウム:スフィンゴ脂質シグナリング、講演要旨集 pp.675(1999)10月6-10日、パシフィコ横浜(横浜)

    9. 井ノ口仁一、神保雅之、山岸究、八巻稔明、布村克幸、五十嵐靖之「グルコシドセラミド合成酵素に対する新規阻害剤の開発」99年度生化学会 ポスター発表、講演要旨集 pp852(1999)10月6-10日、パシフィコ横浜(横浜)

    8. 山村総一郎、箱守仙一郎、和田淳、五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸によるマウスメラノーマ細胞のEdg・Rhoを介した細胞運動制御機構」99年度生化学会 ポスター発表、講演要旨集 pp883(1999)10月6-10日、パシフィコ横浜(横浜)

    7. 五十嵐靖之「糖脂質及びスフィンゴ脂質の新しい生物機能と人間の病気・健康問題との接点」平成11年度日本応用糖質科学東日本支部シンポジウム招待講演:予稿集 pp9-15(1999)7月9日、共立講堂(東京)

    6. 五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸によるマウスメラノーマ細胞運動制御機構の解析」平成10年度北海道大学における生体情報研究の推進公開研究発表会報告書 pp24-25(1999)6月17日、北海道大学学術交流会館(札幌)

    5. 山村総一郎、箱守仙一郎、和田淳、五十嵐靖之「スフィンゴシン1−リン酸による細胞運動制御機構」脂質生化学研究 41: 99-102(1999)6月6-4日、鎌倉プリンスホテル(鎌倉)

    4. 五十嵐靖之「脂質メディエーター、acidic phospholipid autacoid (APA)としてのスフィンゴシンー1リン酸の可能性」 日本薬学会第119年会シンポジウム:生理活性脂質研究の新しいアプローチ、講演要旨集 pp71(1999)3月29-31日、徳島文理大(徳島)

    1998

    3. 井ノ口仁一、 五十嵐靖之「スフィンゴ糖脂質生合成制御物質(PDMP)を用いた神経機能解析」第71回日本生化学会シンポジウム:糖鎖生物学の新たな展開と可能性、糖鎖の細胞認識と高次機能、講演要旨集 pp606(1998)10月14-17日、名古屋国際会議場(名古屋)

    2. 井ノ口仁一、 五十嵐靖之「スフィンゴ糖脂質生合成制御物質を用いた神経機能解析」第20回糖質シンポジウム ポスター発表、講演要旨集 pp95(1998)7月15-17日、ホテルガーデンパレス(札幌)

    1. 五十嵐靖之、井ノ口仁一、矢冨裕「血小板から放出されるスフィンゴシン1-リン酸の生理的、病理的役割」第20回糖質シンポジウム 一般講演、講演要旨集 pp32(1998)7月15-17日、ホテルガーデンパレス(札幌)